Alter ipse amicus.

この世界には決して存在しない、どこかの誰かに届くように

これからのこと。

来年以降どうするか、ちゃんと考えないといけないなとは思う。

自分が来年まで生きてしまっているということを、いまだにうまく想像できないけど、そう思いつつもこの歳まで人生が続いているという事実を前にすると、客観的には来年も続いている可能性が高いんだろうなということは理解できるようになってはきている。

 

来年まで自分の人生が続くことを想像すると、心底うんざりして気が滅入るけれども。

広告を非表示にする